golang-migrate/migrateの使い方

installation of centos

パスの通ったディレクトリに移動

1
$ cd ~/bin

ダウンロードと解凍。
そして実行ファイルを作成。
Linux(centos)の場合

1
2
3
4
5
6
-- pathの通ったディレクトリに移動(~/bin とかでもよい)
$ cd /usr/local/bin
$ curl -L https://github.com/golang-migrate/migrate/releases/download/v3.2.0/migrate.linux-amd64.tar.gz | tar xvz
$ mv migrate.linux-amd64 migrate
$ migrate --version
3.2.0

macの場合

1
2
3
4
-- pathの通ったディレクトリに移動(~/bin とかでもよい)
$ cd /usr/local/bin
$ curl -L https://github.com/golang-migrate/migrate/releases/download/v3.2.0/migrate.darwin-amd64.tar.gz | tar xvz
$ mv migrate.darwin-amd64 migrate

バージョンの確認は以下のページから。
golang-migrate/migrate

usage

オプションをつけてmigrationファイルを作成した例1

1
$ migrate create -ext sql -dir dir_name alter_table_t_user

オプションをつけてmigrationファイルを作成した例2

1
$ migrate create -ext sql alter_table_t_user

migrationを実行

1
migrate -database 'postgres://user_name:vagrant@localhost:5432/db_name?sslmode=disable' -path ./ up